自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

予定変更やスケジュールを伝える時は絵で  


自閉っ子の要求とキョウダイの予定などで変更多発



夏休みですねー。

子どもたちが小さいうちは、ハハがある程度把握していたら、スケジュールに大きな変更なんてそんなにありませんでした。

コッコ(姉)が高校生になって、夏休み中でもあれこれ予定が出てきたり、しかも流動的だったりで、家族にも予定変更や決まらない状態が続いたりするようになりました。

それに加えて、今年はボンズの要求がスゴイです。

海に行きたい、バーベキューしたい、プールに行きたい、本屋に行きたい、DVDレンタルに行きたい、等々…。

ハハも絵がうまくなってきた?

急な予定変更や、直前になってその後のスケジュールを伝えなきゃいけない時、パソコンを開いて絵カードを探して…というのも実際には難しいです。

そのためにipadを買って、専用ソフトを使うつもりだったのですが…

昭和なハハ、紙にペンの方がやっぱり機動力あります(^^;

でも、なんか、絵もうまくなってきた気がします(笑)


出発予定時刻が限定された時、その時間まで自宅で待っていて欲しい



コッコの予定、夏休み入る前からさんざ聞いてたんですけどねー。
予定表らしきもの出してくれないし(あるのかどうかも不明)、
何週間のかけてしつこく聞いたら、口頭で羅列されてキレました(#^ω^)

その日も、あーだこーだすったもんだ、やんややんやと七転八倒。

ようやく、部活を休んで12時からの予定に備え、でもボンズたちと一緒に本屋に行ってアイスを食べたいと。

でもアイスのお店が開くのが11時。
12時にコッコが美容室にたどり着くには、遅くとも11時半にはいったん帰宅しないと…。

車での移動にかかるのは20分弱。

いったんはアイスをボンズたちにあきらめさせ、本屋さんの開店直後に行って帰ってくるのなら、本は買ってあげると言ったんだけど。

ボンズもチビスケ(弟)もいったんはしぶしぶ納得…。

でもコッコ姉ちゃんもやっぱりアイスを食べに行きたい、車でまっすぐ送ってくれれば、帰りは自分で歩いて帰ってくるというので、当日の朝になってようやく予定がきまりました(疲)。


時間を知らせる絵 

↑で、こういう絵になりました。

ボンズの欲しがってたトトロの絵本も買ってあげるし、アイスも食べて来よう。

でもその代わり、しばらく出発遅らせるよ、という…。

こういう時、ほんとは早めに出かけて本屋をウロウロしたり、
あるいはまったく別の場所で過ごしてから改めて本屋に向かう、という過ごし方もありますね。

でも、ボンズには無理。

楽しみなことだからこそ、待てない。

出発=楽しみがすぐに叶えられる、
寄り道なんてしたら、「あれ、予定はどうなってるの?」と、途端に不安定になることは目に見えていますからね。

キョウダイの要求なんて重なってると、この妥協点を見つけるのに苦労します。


スポンサーリンク


お泊り増やす?デイに行く?ボンズに楽しいばかりの選択肢を提示する



連休に合わせて、祖母の家に泊りに行く予定にはなっていました。

が、

弟チビスケが一日前に自分1人でもいいから、先にばあばんちに行きたい、と。

ボンズに口頭でどうしたいか聞いたら、祖母宅には一泊なので、予定通り金曜日に行く。木曜日はデイに行くという意思表示をしました。

…まぁそうすらすらしゃべったわけではなく…(笑)

細切れで、あれこれ提示したら、デイには行きたいし、泊まるのはお布団1!と本人が連呼していたので、

「ばあばんちに2泊してもすることがないから家に帰りたい」

のか、

「月間スケジュールでもともと一泊の予定だったから」

なのか…。

たぶん、後者なんでしょうけどね!(ビバ自閉っ子)


でも、チビスケが電車で行く(ハハが駅まで送り、祖母が降りる駅で出迎える)という話をしていたら、「電車?」というキーワードに反応。

さらにさらに、姉コッコも(びっくり)チビと一緒に先に出発するというので、
これはボンズも行くことになるだろう…。

と改めて聞いたら、デイをお休みして、電車で三人でばあばんちに行くと言いました。

以前、ハハも一緒かと思ったみたいで、後からすごく怒られたことがあるので、しっかりそこは伝えました。

予定変更と希望を訪ねる 

お布団は1ではなく、合計2になること。
最初はキョウダイ3人で電車で行くこと、翌日ハハが車で合流すること。

しかも、午前中は姉は部活があり、ボンズは知能検査があって病院に行かなくてはなりません。
さらにそのついでに、ヘアカットもという盛りだくさんの日なのです。

デイをお休みすることをしぶっていたのは、ちょうどお出かけするデイの日だったので、そちらに行きたい気持ちもあったみたいなんですね。

でも話しているうちに、またキョウダイの様子を見ているうちに、三人でばあばんちに行くことが楽しみになったようで、

「さんにん! でんしゃ! さんにん! ママまっててね」

と、しつこく連呼するように(^^;
こんだけ連呼されてれば、ちゃんと理解しているとわかるってもんです。


頑張ることの連続も、待つことも上手になりました



そして当日、朝コッコが出発、その後三人で病院へ。

ボンズに検査であることをどう伝えたらいいかと悩み、月間スケジュールで、「病院で勉強する」としていました。

なんじゃそりゃ??って感じですが(笑)

いつもの主治医診察ではなく、耳鼻科の検診でもなくってことは、しっかり伝えておきたいと思いました。

前回は個室に入るや否やの大パニックで、検査も大騒ぎでした。
(が、パパパッとマッチングできたりして、ハハも汗かきながら感心しました⇒その時の記事こちら)

今回はすごく落ち着いてました。
迷ったけど、一緒に入室しまして、ついでに弟もいたので、ボンズも取り乱せなかったのかな?

もしなんか出してくれと言い出したら、そく自販機のおもちゃ借りてもらおうと思ってましたが、言い出しませんでした。

今回は、マッチングはもちろんばっちりで、口頭での質問に言葉で答えていたのが感動的でした。

「ボンズ君、これ何かわかる?」と聞かれるものに対して、次々と、「いす、てーぶる、こっぷ、いぬ、うま、くるま…」と答えてるんです。

わ~、中度か?支給額(特別児童手当)減っちゃう?
それで旅行いこうと思ってるのにーー

とか、性懲りもなく考えましたけどね(^^;

早く終わりたいというアピールはしつこくも、でも最後まで頑張りました!
先生が「最後」っていうまで全部できたの、初かな?(重度じゃなくなっちゃうかな?)

その後、会計を待ってから、アイスを食べるはずが、今すぐなら床屋に入れるとわかり、アイスを後回しにして床屋に行きました。

いやーーー大嫌いなヘアカットなのに、頑張った!

とにかく、イレギュラーな展開にも、我慢の連続にもとにかく頑張りました。

その後、お姉ちゃんが部活から帰ってくるのを待ち、電車の時間を調べて祖母と相談するまで待ち、早めに出発したら、早めについちゃって、でも、お姉ちゃんが駅で友だちに会って立ち話をはじめたせいで、なかなか改札くぐれないのも我慢して待ってました!

えらい!

で、ハハも絵がうまくなった気がしませんか?(笑)

ハハも絵がうまくなってきた? 


さらに余談、DSのマリオ、フツーのステージで通信プレイできるんだねー。
通信用のステージあったのは知ってるんだけど。

昨日、ボンズとチビスケが大騒ぎしながら遊んでるの見てびっくり。

協力プレイのマリオ 

これ、画面の中のマリオがチビスケで、「ボンズ、こっちおいで~~」とか言われてるの、自分が操作しているルイージのことだってわかるの、すごく高度だと思うんですけど!!


スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 自閉症  視覚支援  スケジュール  知能検査  床屋  待つ 
tb: 0   cm: 0

要求が出るのはいいこと?自閉っ子の尽きない願望  


ガチャポンやりたい、トミカ買って、アイス買って、お出かけしようと要求激しいボンズくん。
要求はすべてのコミュニケーションの基礎とは言うけど、ハハはたまったもんじゃありません。

ただでさえ長期休暇になるとお金が飛んでく、飛んでく…。

だから、応じてあげたいけど実際無理!なこと多々。
「ひこーき、のろ」(飛行機に乗ろう)とかね。


夏にやりたいことあれこれ!可能な限り応じます



プールに行ってから数日後、近所の公園で行われるお祭りがありました。
ボンズはこのお祭りが大好き。

地域のお祭りなので、券を買うと、かき氷やお菓子などいろいろ回ってもらうことができます。

ただ、飴すくいやスタンプラリーなどは全然興味がないのです。

しかも、このお祭り正味2時間ありません!
ボンズがデイの、しかも帰りが遅い方の日と必ずかぶる日程なので、デイの送迎は頼まず早めのお迎えに行くことにしています。

この日の朝、いつの間にか弟チビスケと話をしていたらしく、二人で事前受付に行き、チケットをもらってきました。

祭り開始時間に不在のボンズの分のチケットを持ち、チビスケが二人分のお菓子や飴などの景品をもらっておいてもらい、かき氷などのお目当ての食べ物だけを残してもらうことにしました。

ハハは早めにボンズのお迎えに行き、興奮するボンズをなだめつつ連れかえって、荷物を玄関に投げ入れ公園へ…

って、時間伝えてあったのに、チケット持ったチビスケいないし!
ボンズはかき氷にまっしぐらだし!!

なんとか遭遇。

しかも、

「ボンズのお菓子は?」って聞いたら、

「あ、忘れた!」

というチビスケ。
自分の分はしっかりゲット。

意味ない~~~

お祭りビール

ま、ボンズはかき氷ゲット、ソーセージや枝豆、ジュースをゲットで満足げ。

最後に現金売りになったかき氷もういっぱい食べさせてやったら超ご機嫌。

うちもその間ビール2杯飲めるくらい堪能できました!


スポンサーリンク


海へ!海水浴がしたくて夏が待ちきれなかった自閉っ子



海へ1


去年、友人一家に連れてってもらった海水浴が楽しすぎて、真冬でも「うみったーい」(海行きたい)と言っていたボンズ。

「なつなった?」(夏になった?)
と、ちょくちょく聞かれていましたが、下手に返事ができずにいました。

ボンズの目的は海!

だけど二家族で出かけようと思ったら、日程調整が一番大変。

今回はこの日だねというのが一日しかなく、でもうちの旦那の都合で時間の確定ができず、それならばと場所の変更をし、さらに確定できないというので帰りの温泉なしにしてようやくの実現となりました。

自閉っ子には予告必須。

例え楽しみな温泉がなしになったとしても、前もって伝えておけば納得できるくらい力はつけてきました。

が、あえて「今回温泉にはいかないからね」とこちらから言わず、スルーしてたら、前の晩に本人から確認がありました。

「うみいってー、ちゃっぽんしてー、おにくたべてー、ちゃっぽんしてー、おんせん?」

きたきたー。

なので、お肉やジュースの買い物をしてから海へ行き、帰りは温泉によらずに帰ってくるよと伝えました。

「おんせん、またこんどね!」

海に行けるならOKなのか、ボンズ、受け入れられました。

海へ2 

当日朝も、早く家を出たい、買い物したらすぐに海に向かいたい気持ちをほとばしらせながらも、よく待ち、我慢できました!


家で海パンに履き替え、日焼け止めを塗り出発したので、着いたらすぐに「いっといで~~」とできましたよ。

去年は海に浸かりっぱなしで、ほとんど飲まず食わず状態でしたが、今回は反省?したのか、食べては海に入り、戻っては食べ、でした。

大人も反省?して、タッパー準備。

去年はあんなにツライ思いをして食べ切ったのに、夕方になって子どもたちに腹減ったコールされたので、焼くだけ焼いた肉を準備しておこうと思ったんです。

が、今回、残り物なし!!お見事!

海へ3 

上がってくるたびに体を拭いて日焼け止め塗ってやったんですけどね。
やっぱりみんな真っ黒け。

でも、子どもたちは日焼けに強いのか、すぐに黒くなって、水膨れもできないのがびっくり。
親子でも全然違うんですねー。


日付指定で要求が出てくるように…



最近、自分のスケジュールの空きが火曜日と日曜日ということが理解できているのか、

「○○、×月ね」

というんです。

ただ、×月というわりには、指差すところがその月の×日で…。

いまいち、月と日は理解していませんが、数字で日付指定をしているようなのです。

■日レンタルDVD!
◇日がちゃぽん!
♡日ママといっしょ!

このママと一緒が曲者で、どこに行きたいのか、何をしたいのかわからないので、返事ができません(笑)

アイス1 

最近の要求は、「8月!えほん、アイス、ママと一緒!」だったので、行きたい場所はわかったけど、ボンズの買いたい絵本は高いし、そこでアイス食べて…ってだけなんだけど、3人連れてくと結構な出費。

それでなくてもプール行って、海行って、合間にもちょこちょこお出かけしてるのでほんと厳しー。

なんとかかわしてたんだけど、日付指定=自分のスケジュール把握ってことは、すごいことなのかなぁ?
要求できるってすごいことだっていうし、聞いてやった方がいいのかなぁと悩んで、結局行ってきました。

「またこんどね」

って終われたので、とても満足しているようなのですが。


待つことを頑張る自閉っ子、声は出てしまうけど歯を食いしばって…



今回ボンズが買いたかったのは「となりのトトロ」の絵本。
このシリーズ2000円近くします。

これまでにも何冊もそろえてきました。

コンプリートするまで続くんだろうなぁ…( ;∀;)

たまに「こないだ来た時にはあったのに、買おうと思ったらない!」ってことがあります。

苦しみながらも、他の欲しいものを買ってもらって我慢します!

「家に帰ってネットで注文」という選択肢も一応伝えるのですが、もうせっかくきたんだから!すぐ欲しい!が勝つんでしょう。
第一希望のものじゃなくても、代用品でなんとかおさめようとしています。

今回は、すぐに棚にトトロの絵本を発見。
ご機嫌だったので、姉ちゃんが欲しい本を持ってくるまで、ハハがウロウロできたくらい友好的でした。

が、

レジに行ったら、

「お客様、こちら見本のようですので…」

って。
知らんがな。

ボンズが発見したところから見ていたけど、平台に乗ってたものじゃなくて、棚に収納されてたところから、背表紙を読んで見つけたものなんですよ。

そんなところにあったのが見本か?なんて、ボンズじゃなくてもわからないんですよね?

まさか、ここまで喜ばせておいて、ないってことはないだろうな??と、内心ビビるハハ。
その後の展開、恐ろしい状況が走馬灯のように…

「他の物を探してまいりますのでお待ちください」と、立ち去る店員さん。

「トトロかえして~~」

と、没収?されたトトロを追って店員さんの後を追うボンズ。

一瞬止めようかなと思いましたが、黙って待っていたら、ボンズが自ら戻ってきました。

その後、戻ってきて端末を操作している店員さん…なんか嫌な予感。
やたら時間がかかる。
数人がかりで端末をのぞき込んだり、絵本コーナーを見たり。

ボンズがそのすぐそばで「俺のトトロ返せ」とばかりに不安そうな警戒音を出してます。

「お客様、こちら在庫アリにはずなのですが売り場にないので、倉庫を見てまいります」

と。

念のため、「それ(見本)をいただくってことはできないんですか?」と聞いてみたら、ちょっと汚れがあるので、きれいな本を渡したいと。

まぁ、いざとなったら汚くていいですってもらってくればいいんだと思い、わかりましたと答えたけど、ボンズはもう気が気じゃない。
説明したってわかるか…。

ただ、また店員さんを追っていこうとしたけど、「倉庫には入れない」ということがわかったのか、手前で止まりました。

そして、泣きそうになりながら、なんとか歯を食いしばって耐えています。

時々目をこぶしでこすってますが、涙は流れていないし、泣き声もあげていません。
がんばって、がんばって、耐えてます。

「えらい、えらい。倉庫からきれいなトトロ絵本、出てくるといいね」

実際、ほとんど待つこともなく、2冊の絵本を抱えた店員さんが戻ってきました。

あったんだーーーと思うと、それまでのイライラムカムカも全て忘れて許そうと思いました(笑)。

「大変お待たせしました、ございましたので、こちらこのままレジまでお持ちください」
と、その場で渡されたので、

「ありがとうございましたーー」

と、ボンズとレジへ。

そしたら、今度はそれまで接してなかった店員さんが(ちょっと高飛車な感じ、気取った感じで)、「いらっしゃいませー、こちらのレジでお願いしまーす」と。

そこで内心、「やかましい、相当待たされたんだ、謝れ」的な気持ちになりましたが、今はボンズに一刻も早く「ピッ」(会計)して渡してやりたい。

黒い腹を隠して「お願いしまーす♡」と差し出したら、

「あら?」

と、手にしたトトロの絵本を見て、その店員さんが他の店員さんのところへ。

またかーΣ( ̄ロ ̄lll)!!!

いい加減売ってくれ~~~(T-T)


「お客様すいません、こちら汚れておりまして…」

って。
確かに、表紙の一部が真っ黒。

また、倉庫に行ってくれた店員さん(社員さんなんでしょう)を呼び、その社員店員さんがうちのところにきて、

「すいません、何冊かありましたので、今度はきれいなのを…」
って。

それでようやく、ようやく、ピッして持って帰ってこれました。

いやーーーこんなわけわからん展開、待ってれば買えるのか、目の前に欲しいものはあるのにみんな取り上げてどこかに行ってしまう…っていう状況で、ボンズよく耐えました!

我慢できるようになってるんですねー。

成長しているのは体だけじゃない!

疲れただろうな~と思っていたら、

「つぎ!5月ね!」

と言い出しまして…。

「うん、本当に5月ならママはOKだけど?」

怖いのは、15日火曜日ってことなんじゃないかと思いまして…。

次は、断固として拒否したいと思います(^^;

アイス2 

ハハもしっかり食べました、アイス♡

ボンズは本人の宣言通り「ちゃいろ」(チョコ)でした。


スポンサーリンク


category: 12才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 自閉症  予告  要求  待つ  海へ  祭り 
tb: 0   cm: 0

小学校最後の夏休み、予定のない自閉っ子の様子  

 「小学校最後の」運動会、「小学校最後の」遠足、「小学校最後の」夏休みと、

「なんでも”小学校最後のと付くようになりましたね~~」

と、担任の先生に言われましたが…。
ハハ的には、「そういえばそうですね」程度(笑)。

なんだろ?まだ小学校続けるつもりみたいな感じですかね(^^;


保育園育ちの自閉っ子、長期休暇を理解して落ち着いた毎日?



思い起こせば1年生の時の夏休みは地獄だった…。地獄。

朝から晩まで外にいようと騒ぎ…そもそも1週間以上の休みを理解してなくって、
大好きな小学校に行けないことがパニックに。


通常学級の子も持ち帰る夏休みの日課表?
あれって日数カウントダウンするための視覚支援ですよね。

ボンズももちろんありました…

が、

早く小学校に行きたい!って言ってる人に、あんなの見せられても受け入れられないって感じでしょうかね。


今は、しっかりと夏休みを理解し、暑すぎる時には外遊びを控えるということも、受け入れられるようになりました。

本人が「暑くてツライ」を理解できるようになったことも大きいと思います。


この夏はなぜか、まずカメラにハマりました。

DSのカメラのシャッター音を鳴り響かせながら、二階から降りてきたボンズ。

DSカメラにハマる

「ママ、ポーズして」

と言われりゃ、何もかも投げ出して満面の笑みでポーズ!(笑)

ただ、シャッター切り過ぎて、すぐに容量いっぱいで撮れなくなっちゃうんですよね。
不要なのを消して…って言ってるのに、消さずに、

「直して~~」

って言われるわからんちんなところが相変わらずです(;´д`)トホホ


スポンサーリンク


旅行は?宿題は?自由研究も!



ボンズ、夏休み=長期休暇をしっかり理解している証に、
夏休み初日、

「ひこーき、のろ」

と言いました(笑)

ガチャポン、DVDレンタル、海、温泉、アイス、ジュース、トミカ、プラレール…と、果てしない要求の中の一つに、旅行に行きたいというのがあったようです。

「飛行機乗らないよ」
というと、
「船?」

船にも乗らない!バスも!
車は乗るけど、どこへも行かないよ。

とても不満げなボンズに、果たしてどこへ行きたいんだろうと、

「ボンズ、飛行機乗ってどこへ行きたいのさ?」

と聞いてみました。

ボンズ、飛行機に乗ってTDRと沖縄に行ったことがあります。

姉ちゃんの受験も終わったし、どこかに今年のうちに行こうという計画も実際には密かにしています。

行き先でかなり悩んでたこともあるし、ボンズの希望を知りたかったので、チャンスだと思いました。

「おんせん」

飛行機に乗ってまで行きたい温泉ってどこ??

ボンズ、旅行先では大浴場が一番の希望だそうで、そこは外せないポイントとなりました(笑)。

旅行は夏休み時期は無理なので、秋か冬にね。


久々のプールとガチャポンのためのお手伝い



とりあえず、2年ぶりになるプールに連れて行きました。
姉ちゃんは部活があるので、お昼代もらって大喜びでお留守番。
まぁね、高校生になって家族とプールでもないよな。

2年ぶりのプール

2年前は流れるプールから上がれず、パパと4時間流されっぱなしだったあのプールです!

…と思ったら、4時間流されっぱなしだったの5年前のようです…。二年前だと思って記事を探していたら、3年前に同じようなこと書いてる記事ありました⇒3年前のプール

人の記憶ってとんでもなく信用ならないものですねっ(うちだけ?)


今回は前日に予告、朝のうちに出発、2時には上がってこれました!

プールに行くと言ったとたん、「みず、して~、ジュースとー、みずはいってー、ラーメンたべてー、みずして~、がちゃぽん…」と長々要求しはじめました…。

「みずして」っていうのは、水に入りってことだと思うし、ラーメンも食べたなー、ジュースはありだな~と思いながら、ガチャポン?まだあきらめてないの??と思ったら、

夜になって思い出しました。
ガチャポン、プールの入り口にずらずら~っと並んでいて、ボンズを待たせるために、やらせたわ!!

いやーーーこの記憶力!なんか有効活用できないもん?

そして当日は、楽しく遊び、アイス食べたり、ラーメン食べたりしつつ、2時頃には上がろうか?にすんなり上がれましたよ。

ガチャポン表

あ、ガチャポンの効果はデカかったですが。

また、流れるプールのみだったのに、今回は自分から波の出るプールに行きたがり、とても楽しんでました。

学校での経験が身になっているのか、着替えも上手で、男女別に分かれているから「ママを待つ」も理解できていたんじゃないかと思います。

毎朝ゴミ出しですぐシールを貼り、靴を並べたり、食器を片づけたりと、お手伝いを頼めばすぐに動いてくれるようになりました。

がちゃぽん「様」って呼ばなきゃいけない?

でも、この日のプールにはトーマスのがちゃぽんがなくて、スーパーに寄ったんですが、またもカス!

パパにこっそりもう200円もらってもう一度やったんですが、全く同じカス!

もうさ、ガチャポンやめた方がよくね?(笑)
 

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 自閉症  夏休み 
tb: 0   cm: 0

お手伝いをしてお小遣いをもらう、自閉っ子の視覚支援  


お手伝いをしてお小遣いをゲット=将来の就労を見越して♡



ボンズ、毎朝ゴミ出しをして一週間に100円もらっています。
が、本人にその辺の自覚があるのかちょっと微妙でした。

時々しかいわない、「とーます、おかね」(=ガチャポンしたい)という要求。

言った時にはいつもある程度たまっていたので、要求した回数できちゃう感じでした!(笑)

ガチャポンらぶ1 

楽しく修学旅行に参加し、帰宅した翌日の代休。

修理に出していたマイカーが戻ってくる日だったので、
お休みのボンズと二人でバスを乗り継ぎ、愛車のお迎えにいくことにしました。

そこで久々に、ガチャポン要求が出たので、お財布を持たせてバスに乗り、ちょっとした小旅行。
愛車を引き取った後に、ショッピングモールに行き、ランチして、アイスを食べて、ガチャポンもしてこようということに(デートですな♡)。

600円あったので、3回できるけど?というと全部やるというので、3回連続でやると、
なんとまーいいものばかり出たんですね。

ガチャポンらぶ3 

ボンズが今一番どストライクのジェームスに、キャロライン、あと一つは新キャラ?だけど、ボンズ基準でいうハズレなし状態。

その後うどんを食べることにしてフードコートに行ったのですが、
待ってる間、黙々とシール貼りしてました(笑)

ガチャポンらぶ2 

その後、アイス食べて、「帰るまだよ」っていうくらい長居したがり…

でもすることもないので、

「じゃあママの服見てきていい?」
って自分の好きなお店に行き、お店の前にあったベンチに座ってるよう言ったら、
まるで卵を温める鳥のように、大事にガチャポン(ケースのまま)抱えて待ってました。


スポンサーリンク



やりたいことがある、だからお金をためたい、お手伝いを増やすチャンス?



この時のことがよっぽど楽しかったみたいで、ずっとガチャポン要求。
もう、このしつこさ…
分かる人しかわからない、この理性もぶっ飛ばすほどのしつこさ!

でもここで怒ってないで(←良い自閉っ子のママさんは真似しちゃいけません)、
ここで「チャンス!」と発想転換させなきゃいけないですよね。

精神的にあれこれやってきて参ってる時だと、
ハハもそう前向きにはなれませんでしたが…

でも、重い体に鞭打って(←ほんとに重いんだ…)まずは視覚支援!

お小遣いゲット表 

長女の時にも使っていた10円シールと、
ボンズ用ポイント表を印刷。

やり始めると楽しいですね♪

まずは目の前でやってみて、理解してもらうのが得策。

普段のゴミ出しお手伝いは、一回20円の計算で(平日のみなので)1週間100円のお小遣いだったんですが、目の前で20円渡したこともないので、きっと理解できてなかったんですよね。

お手伝い表 

これは改善点なので、夏休み中はぜひとも、今回作ったお手伝い表を持って、目の前でシール20円分渡そうかと思います。


200円あると、ガチャポンが1回できる!を理解するところからはじめます



どうもあちこちひっかかりがあるようで、うまくいきません。

●自分がお手伝いをすると、おだちんをもらえる
●10円を10枚ためると100円玉をもらえる
●100円玉2枚でガチャポン1回できる

これらの一連の流れがどうも飲み込めていないのかも。


お小遣いゲット視覚支援 

学校の担任の先生にも相談しまして、学校でも生かしてくれるようです。

先日もどうしてもガチャポンしたくて、「じゃお金ためないとね」とお手伝い連発。

●たたんだ洗濯物を各部屋に運ぶ(自分のは引き出しにしまう)
●玄関の靴を並べる
●食洗器の中の食器を棚にしまう

などをして、なんとか無理やり一回分を大事に握りしめ、わざわざ前回と同じショッピングモールまで行き、ガチャポンさせたら…

なんとカス(笑)

その後、パニックになり、付き合う家族もうんざり…だったので、笑ってられないんですけど!

でも、おかげで(?)あれから「親が」発狂しそうなしつこいガチャポンアピール消えました(笑)

その代わり、トミカ買ってくれだの、アイス買ってくれ、DVDレンタルに連れてけと、要求は他にも果てしないですけどね…。


スポンサーリンク


category: 12才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 視覚支援  自閉症  お手伝い  お小遣い 
tb: 0   cm: 0

自閉症児の心残り対応、記憶の上書きは本当にできないのか?  

ハハは本当に専門家でもないし、詳しい勉強をしたこともなく、
ただいろんな書籍を読んだだけの知識しかありませんが、そういう本によると、

自閉症児は記憶の上書きが苦手。

だそうです。

前は嫌な思いをしたけど、今度は大丈夫と思えたら楽なのにね。
個々の性格もあるでしょうが、ネガティブな思い出ばかりだと、いろんなことに挑戦するのが嫌になりますよね。

だから、ボンズが初めて経験することに関しては、かなり慎重になっていたつもりです。

それでも、想定外のことが起こり、思いがけないパニックになったり、嫌な思い出になることは多々あります。


ストレスからの逃避要求?海に行きたい、おでかけしたい!



天候が安定せず、なかなか運動会ができなかった頃から、
ボンズがやたらと「おでかけ」にこだわっていました。

「●●(デイ)おでかけ?」
「電車乗ろ?」
「ママとおでかけ、ママと一緒!」

とか、そういう言葉が続くので、お出かけしたいんだなとは思いましたが…

そもそも、運動会がいつ実施なのか延期なのか?
運動会実施ならデイにはお休みで、代休の日のお迎えは自宅にと連絡しなきゃ!とか、

相手がお天気なので、予定も立てられず、かと言ってボンズの提案をきっぱり断ることもできず。
そもそも運動会のお弁当の買い物をしていいんだか、しなくていいんだか?とか、

落ち着かない日々でした。


ようやく運動会が無事に実施でき、ボンズがお出かけしたがっているので、海を見に連れて行こうかということになりました。

海!というのもしつこく言っていたので、この落ち着かなかったイライラの日々をなだめたいのかな、と。

チャッポンされる危険だけが心配ですけどね。
気温の低い日だったし、「見るだけ!」「チャッポンしたら×!」としつこく伝えておけば大丈夫かなー?
と思って、

「ボンズ、海見に行こうか、見るだけ、チャッポンしないよ」
と言うと、

「でんしゃ?」

と。

あちゃー、そうきたかー(めんどくさいなー)
「電車ー?」

「ふね?」

「船ー?!」


海、電車、船。


…あー!!あれかー!

電車

4年前になりますが、温泉旅行に電車を使った時、帰り道によったところで、ボンズが海に向かって走り出し、屋形船を見つけ、乗りたいと大パニックになったことがありました。

もうそれ以上どこもウロウロすることができず、チチとハハとボンズだけ先に帰りました。

祖母と叔母、そしてコッコ(姉)とチビスケ(弟)はその後観光しつつ、メロンを食べたりして後から帰ってきました。

あの時、海で見つけた屋形船に乗れなかったことが、ずっと心残りとして忘れられずにいたの!!

瞬時にハハの脳裏には、あの時の情けなさとか暑さとか泣きたいような気持ちがよみがえってきました。




ボンズはあの時のつらさを忘れられないでいて、今も引きずっている?

それなら今回、それらを叶えてやることによって、そのつらさを帳消しにしてやることはできるんだろうか??


あの時できなかったことを、ひとつひとつ叶える旅へ



もしもボンズのつらい気持ちを上書き保存できたら!
心残りを一つ消し去ることができたら!

そう思って、「OK!」と計画することにしました。

そして当日、車で最寄りのJRまでいきました。
高校生になったコッコ姉ちゃんは自宅でゴロゴロ希望。
「おいしいもの食べてきたからと言って、後で文句言うのナシね」
ってことで、置いてきました。

ボンズ、ちょっと不満そうでしたがね。姉ちゃんもお年頃なのでしょうがない。

電車は鈍行をチョイス♪

理由その1、「電車に乗るのが目的の一つなので長く乗っているため」
理由その2、「空いているから」

その2の方がハハにとっては重要。

今、外で大きな声を出さないと訓練中ですので、
電車の中でももちろん、声を小さくする練習が必要。

でも、混んでる列車だと、お互い余裕なくなりますよね。

日曜でしたが、時間的タイミングが良かったのか、ガラガラでした!

到着したら、今回はロッカーに預ける荷物もないので、一路海へ。

今日の訓練(笑)は、

「大きな声を出さない」と、「走らない」です。

大人になった時のふるまいを想定して練習することの、大きなポイントです。
確かに、大人って走らないですよね。
大人が走る時って緊急事態でしょうか。

走る大人がいたら、やっぱり注目するのはそういう意識が潜んでいるからかなと思いました。

グラウンドや海岸で走ることはOKでも、普段マチナカでは、あまり走りませんよね。
住宅街で走ってる人がいたら、「どうしたの?」って声をかけるかも…うちの近所ならなおのこと。

メロン 

順調に海が近づいてきたなと思ったら、途中の土産物店で売っていた、メロンを食べたいと言い出しました。

え?ボンズそんなにメロン好きだったっけ??

もしかして…ビデオでチビたちがメロン食べてるの、くそーーーとか思って見てた?(笑)

それならぜひ食べましょう。
でも、

「先に船の時間聞いてきて、それからここに戻ってこよう」
と言うと、ちょっと不満なのか、飲み込めないのかで渋りましたが、海も見たかったのか歩き出してくれました。

いろんなコースがあったので、ひとつコースを決めて、時間を確認していったんお昼にして、また戻って来ようとボンズに説明。

「また、来たけど、叶わず戻る?」

もしかして、ストレス増やしてますかね?(笑)
そして、ご飯の前だからダメ!とは言わず、約束通りメロンを食べに戻りました。

それから、ボンズにお昼は何を食べたい?と聞くと、「ラーメン」と即答。

あれこれ、ボンズの好きそうないろいろ提案してみましたが、
「ラーメン」
と、譲らない。

しょうがなく、グーグル検索(笑)

最寄りで、家族連れ向けのところであればどこでも!
うちらの外食、騒がしくても目立たないところ、並ばずに入れるところ、この二つが鉄則で、味や話題は二の次です!

 ラーメン

幸い店はすぐに見つかり、ボンズも張り切ってたのですが…
ほとんど食べない。
いや、食べようともしない。

怒ったらちょっと食べた程度。
あれはなんだったんでしょう…??

その後、また船着き場に戻りました。

が、乗船までにはまだ30分あります。

時計もだいぶわかってきたのですが、楽しみの前ではまた別ですね、わかっちゃいるけど待てない感じ。

天気も良かったので、4年前は泣いて叫んで、三人で先に引き返すことを決心させた防波堤?で、日向ぼっこ。

岸壁 

あの日、絶望的で情けなさいっぱいだった場所で、ボンズとチビの笑顔が見れて本当に良かった。

が、まだ20分あるというのに、乗り場に戻ったボンズとチチ…

そしたら今すぐにでも乗ろうと言い出しますよね。
そのまま外で耐えた方が、ボンズのつらい時間が短かったと思うんですが…。

外で待てるから、中でも待てると思ったのか、それからは乗り場に突撃したくて、ほぼフライイングしていて大変。

親はいらいらしてくるし、チビは居心地悪くなるし、
ボンズはつらいだけだし。

ただ、そこが空いていて良かった。

なんとか平常心を保ちつつ、ボンズをなだめつつ、ようやく乗船。
ボンズ、4年ぶりの念願かなって屋形船!!

どんだけうれしい顔をするかと思ったら…。

なんかふくれっ面。

「ごちそう、まだよ?」

って言ってる。

ごちそうってなんだ??

もしかして、ボンズ屋形船でごちそう並べて宴会、とか、そういうネタ知ってる??

チビスケが、「ボンズ、クレヨンしんちゃんで観てたよ」って言ってます。
あー確かにありますね、豚のヒヅメのやつですね。

もしかして、それでラーメン食べるのセーブしてたわけじゃないよね?

ごちそうが出る雰囲気じゃないことは理解できたようで、「こんどね」ってふくれてたようなんですが、どうも気に入らないみたい。

チビスケが楽しんでいるのを見て、だんだんと機嫌を直しました。
良かった!

屋形船 

その後、スイーツのお店でソフトクリームを食べて、電車で帰還。

ガラガラの電車の中で自由にさせてしまったもので、またウロウロしようとしたら怒らなきゃいけないことに…。
何事も、最初の行動が大事なのにねぇ。。。


スポンサーリンク



つらかった思い出が、楽しい思い出に上書き保存できたか?



電車を降りて、スーパーで買い物。

メロンやコーラ、ソフトクリームといろいろ食べてきたので、おやつを買わないということは、言わなくてもわかったみたいで、何にも言いませんでした。

その点、精神的には落ち着いて戻ってこれたんだなとわかりましたが。

一番の目的、トラウマを克服できたのか?は、正直ボンズじゃないと、そしてもっと時間が経たないとわからないのかもしれませんね。

今のところ、「やってやった!」とハハは自画自賛してますが、
ボンズとしては、他の「今度はあれをしたい」と野望が増えただけかもしれません(笑)

ま、それならいいか、つらい思い出がごまかされてしまうほど、楽しい計画を立てられるのなら、それはある意味成功と言えるかも!?


スポンサーリンク


category: 12才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 自閉症  旅行  トラウマ  パニック  記憶の上書き 
tb: 0   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント