何かできることはないですか?

Category : 未分類
昨日ボンズが公園で見せた行動は、
成長の証なのか、それともこだわりなのか?!
という記事を書きましたが、


同じ日の午前、
コッコ姉ちゃんが別の公園で、

下級生に金属バッドで殴られた~と、
泣きながら帰ってきました。


よくよく話を聞いてみると、

金属バッドで殴られたのは手にしていた棒で、
背中を叩かれたのはその棒で、

金属バッドで襲い掛かられたけど、
直接当たってはいなかったようです。


その場に居合わせた数名も一緒についてきて、
一緒に状況説明をしてもらい、
学校に報告しておこうと思いました。


コッコは一晩経つと「言わないで」って言い出したんですけどね。


でも金属バッド振り回すというのは、
その場にうちの子がいなかったとしても、
知った以上放っておけないかな~、と。


何かあってから(今回は誰にもぶつからなくて良かったけど)じゃ遅いし、
知った大人の一人として、周囲の大人が知っておくべきことかな~、と。


後日教頭先生にお会いして、
「公園で金属バッドを振り回していた子がいたそうです」
と切り出すと、

間髪おかず、

「A君?」

と、聞き返されました。

「そうです、もうこの話伝わってましたか?」

「いえ、それは初めて聞きましたが…」


A君は学校でもマークしている子だそうで、
登下校には担任の先生が付き添ってるそうです。


「学校だと大人の目が行きとどくので大丈夫なのですが、
ちょっと乱暴で・・・
登下校と放課後がねぇ~」


しかも、お母さんに話しても聞いてくれないそうで、
「またトラブルとクレームが」
と、A君を家から出さない対処をしているそうです。


「でもそれだと本人がかわいそうですよね。
きっと一緒に遊びたいだけなんですよね?」


うまくかかわれないから乱暴をする、
だとしたら、彼も発達障害?


乱暴されたら離れなさいと周囲の子に啓発するしかないなんて、
悪循環ですよね?


知ってしまうと、何かできないのかな~と思いますが、
これって親にしかできないことですよね。

何もできないもどかしさ・・・みたいなのを感じるのですが、
学校側としてはもっと感じてるんでしょうね。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

みちゃおさん

怖いから知りたくない・・・と意識して聞こえないフリしているのかもしれませんよね。
ここまで(いちおう)順調にきたのなら、
「子ども同士で喧嘩くらいするでしょ」
って思いたい気持ちは理解できるけど・・・
でも実際はそんなレベルじゃなくて、しかも何とかできる話、って気がして・・・だから、なんかできないかな~と思うんだけど、親じゃないとできないことって結構ありますよね。。。

あ~、いますよねそういう子
別にいたらダメって訳じゃなくて親が「我関せず」ってのが一番の問題ですよね!
リッキーの保育園の同学年でもいます。
でも、親は全然分かってなくて先生が幼児のうちにと思い言葉を噛み砕いて伝えてもダメで・・・
きっと「他の子と違う」=「障害」って思うのか聞く耳全く持ち合わせて無い感じ。

それならせめてもう少し子どもに寄り添って他害が出ない様にすればいいのにそれも無いから「うちのこヤンチャだわ~」って終了

親が認めないのが一番子どもを不幸にしてるんだけどなぁ
それさえも分からないんでしょうね

ライムさん

コメ消してないよっ。
愛機は無事なの? 入院したんだよね?(笑)

そうそ、知らないだけで実はいっぱいいるのよ。
学校にいると、「キミはどうしてボンズの同級生じゃないの?」って思う動きの子、発言をする子、問題を起こす子って結構いるんだわ。
それこそ明確なラインがあるわけじゃないから、どこのクラスでもいいと言えばいいんだけど、
今回の彼の場合は明らかに手厚い支援が必要でしょ? と思えるわけで。

親が自分の人生に忙しいの、
それ自体を否定する気はないんだけどさ。
でもある時期自分の人生あきらめて子どもに手をかける時期って誰でもあるよね。
そういう覚悟って大変だけど、もってくれないと・・・

A君の今後が非常に心配だす。
でもうちの子どもたちと学年がかぶらないから、
見守りたくても全然見えてこないのよね。

たなともさん

あー、そうだね!
身に覚えがあるからこそ「なんとかしたい」と思ったけど、
関係なかったら「親は何やってんのよ」とか、「なんとかしてよ」で終わってるわきっと。

幸い学校側が何とかしようと思ってくれてるみたいなんだけど、
放課後とか休日とか、やっぱり生活の基本は家だから、
親がなんとかしようと思ってくれないとねぇ。

一緒に遊びたいだけなのに、友だちが離れてくなんて、
本人にとっては不幸でしかないわぁ。

あれ?コメントが消えてる。

それはともかく、学校側もマークしている子っているよね。
大体が、親が認めないケース。
なんでこんなにトラブルが多いのかって考えられない人。
自分のことで精一杯なんだろうけど、出来ることなら、もっと子供に向き合ってほしい。
そして、その子も自分で気づけるといいなと思う。

あとは、周りの子たちが気をつけるしかないでしょ。
啓発するしかないかな?

ただ、本当に怪我に繋がるような危ないことをしたら、警察を使うのも手です。
学校だけでは解決できないことがあったらね。

いるよねぇ…そーゆータイプ。
多分ぶっきーが定型なら「そんなコかなわんな、何とかしてよ」で、
終わってたかと思うけど。
今は「関わり方がちょっと下手っぴなんだよね?遊びたいんだよね?」と、
何とかしてあげたいキモチが強いわ。

指導者と親次第。
選べない子供が、一番困っている。

なんとか軌道修正出来たらいいね?
きっと根っからの悪い子なんていないよ。
運の悪い子はいても。
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本