ついに抜歯!!

Category : 卒園までのボンズの様子
とうとう歯医者の予約の日がきてしまいました。
前回、「心構えをしてから、次回抜歯しましょう」と言われてから、

「どうかその前に自然と抜けてくれますように」
と祈り、

寝る前の仕上げ磨きの時は、
「この赤ちゃん歯、抜けるんだよ~~~
ボンズお兄さんになるんだね~、早く抜けるといいね~~~」
と言いながらいじり・・・


でも抜けないまま、とうとう予約日に。

しかもまんまとうちの休みの日(T_T)
旦那に任せて知らんぷりできないじゃーん!



病院の駐車場につき、歯科のある建物に移動する間(建物がいくつかに分かれてます)、
めずらしく両手を両親に預けるボンズ。

以前は「拘束されてる」と感じるのか、
手をつなぐ時は片手だけ。
もう片方の手をつながれたら、もう片方の手は振りほどかれていました。
(たいていはパパ^m^)


両親を独り占めできる貴重な時間・・・を理解できるくらい、
成長したのかな~なんて見てました。


そしたら、ボンズの成長はそれどころじゃありませんでした!

医師と話している間に、ボンズが一人で診察台に上がってたんですよ。
自らなんてびっくりです。

そしてコロンと横になることも・・・
ただ、うつぶせになりましたがね(^^;

枕の位置まで医師に近づいて仰向けになって欲しい・・・
ってことは地味に拒否されたんですが、
それは伝わってないというより、「怖い」から「いやだ」なアピールだったと思います。

絵カードで展開を伝えつつ、
まずはめんぼうで・・・
そして麻酔注射・・・


うちはこういうの怖いので、ボンズの顔に近いところは旦那に任せ、
うちは多分暴れるのだろうボンズの膝を押さえようと、
片足スリッパを脱いで診察台に半分上がった状態(?)でスタンバイ(笑)


が、
ボンズ、耐えてました。

しつこく刺される注射、そしてペンチで抜かれる乳歯、なんと二本!

グラグラのまま永久歯が生え出した下の歯、
隣もグラグラし始めて、そして永久歯が生え始めていたそうで、
「二度手間になるから、今日抜いちゃいましょう」
ということに。

消毒をして、脱脂綿で出血を押さえる時間も、
ボンズは「ひーー」とか「ん~~~」とか抵抗する声を出しながらも、耐えていたんです!!


「前回やってもらわなくて良かったです」
と、旦那は感動しながら言ってました。

ボンズの前回の様子とあまりにも違うので、
「事前予告」の必要性を実感したってことでしょうね。

前はそこら辺のものをひっくり返し、叫び、暴れ、
待合室の人が青くなってて恐縮したと言ってましたから(笑)


抜いた後の箇所を気にして触ったりしてましたが、
機嫌が悪くなることもなく、歯医者を出たらウキウキでコンビニへ(^^;
麻酔が切れないままアイスを食べて、唇を噛んでしまったり・・・ってこともなく、
麻酔が切れた後は、あんな大事件を忘れてしまった?!かのよう。


家に帰ってきたら、洗面所の鏡で確認してました。
鏡の使い方、意味もちゃんと理解して、利用してるんですね。

治療が始まる時も、
ボンズが口元を気にして手をやり、邪魔にされていたので、
「鏡持たせてやってくれませんか?」
と、小さな手鏡を持たせてもらい、ボンズに見せてました。
とたんに、口元に手をやる抵抗はやめたんです。

見れると安心、
心づもりがあると、覚悟もできる。


みんな同じですけどね、ボンズもそうだってこと!


「えらい!」
「かっこよかった!」
「よく頑張った!」
「さっすがお兄さん!」
「すごいね~~~」


思い付く限りの賛美をし続けた一日(笑)
夕食はお祝いに、ボンズが好きで、食べやすそうなマグロの刺身にしました。


あーーーホッとした。
しかも、予想外にボンズが頑張りました。
今でも信じられない光景です(笑)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

みのりさん

わ、わ、わ~~~!!
みのりさん、親として大変な修羅場をくぐってらしたんですね! お疲れ様です!
今は元気に回復とのことで、何よりですね。良かった、良かった。

きっと、顔には出さない、言葉には出さなくても、不安でいっぱいだったろうし、いつもの生活が違ってしまったのも不安だったろうし、お母さんの顔見てるだけで嬉しいな~~~ってことが伝わってきてじんわりきてしまうなぁ~。
想像しただけでかわいいです、手をぶんぶん♪

ライムさん

うんうん、今は子どもの歯科治療も慎重になってくれてて、いいことだよね。
昔は「自分が悪いんだから、治してもらうのに我慢はあたりまえ」的な風潮なかった?
「嫌だからいかない」って悪循環の始まりなんだよね~。
子どもたちはいい時に生まれてきた!(笑)

ゆうマーチさん

するどい突っ込みありがとう(笑)
うちも、「えらいえらい」とボンズを褒めつつ、自分の足が台から降りてスリッパを履いている動作をしていて、初めて半身乗りあげてたことに気付きました(爆)

p(^^)q

すっすっすごい!!
ボンズくん、頑張りましたね(^O^)/

麻酔は大人でも嫌なのに本当偉かったですね。

台に乗って抑える準備してる姿想像しちゃいました(笑)
無事に終わってよかったですね。
お疲れ様でした!!

我が家は弟が7月は三回も高熱を出し、三回目の高熱が一週間近く続き入院しました。
そしてCTの結果がかなり悪く、入院先から救急車で大学病院に搬送され緊急手術しました。
今は元気いっぱいになりました↑
兄ちゃんは精神的に堪えたのか、手術翌日に会いにきて帰宅したら悲しそうに泣いてたようです。
それから病院には連れてこさせなかったので9日間、会わずに過ごし、帰った時は私が泣いちゃいました(笑)
いつもは興味なさそうな態度をする兄ちゃんが、私の顔をニコニコしながずーっと見ていて、隣に座って体で嬉しさを表現しているように見えました(手をブンブン)
可愛かったです(笑)

ボンズ君!やった、やったねぇ~!!!
無事に済んで、オバちゃんもホッとしたよ(笑)。
注射が我慢出来たって凄いわ!!

ってか、今の小児歯科って「子供が歯医者嫌いにならないように」って、やってくれるから、Rinも怖がらずに虫歯の治療してるよ。
これが私の子供の頃にやってくれてたら、私も歯がボロボロにならずに済んだろうなあ~(遠い目)。

すごい!すごい!
良かったですね~~(^O^)/
無事に済んで良かったです。
ボンズくん、すっごくお兄ちゃんになりましたね♪♪♪


半分診察台に乗ってスタンバイするこじまるさん、想像してウケました(^^ゞ
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本