生活のリズムが一定化しやすい自閉症、初の朝食抜きの日

Category : 発達支援教室

夜中に寝ぼけた自閉っ子、朝起きられずに朝食抜き



今日は発達支援教室<グループ>の日だったんですが、
ボンズが朝起きない!

夜中(ってか、朝方だと思いますが)、寝ぼけたのか一人で遊び場へ飛んで行き、
たぶん、下ろそうとしたカゴが引っかかったとかで大騒ぎしてたんですよね。
それで、
「うるさい!」
とか、パパに怒られて余計に泣いたり、
かと思ったらバカ笑い始めたりで、一人大騒ぎしてたから眠かったんでしょう。

でも8時過ぎたらさすがに…ってことで、強制的に起こしました。
明るくして徐々に、じゃ起きられないほど眠かったみたいだけど。

ご機嫌はなかなか♪だけど、朝ごはんが食べられない様子。
本当だったら無理やりにでも食べさせて、たとえ遅刻してでも!!
ってところなんでしょうが、
弟チビスケを保育園に連れて行かなきゃいけないし(一時保育)、
チビのペースまで乱したんじゃ申し訳ない。

で、
バナナ一本食べただけで、朝食抜き状態で出発となりました。
ボンズ、初のできごとです。

さて、どうなるかな~…と思ってたんですが、

チビスケを保育園に送り届け、発達支援教室に到着してからずっと手をつないで歩くし、
途中「プレイルームに行きたいな~」目線は送りつつも、そのまま手をつないで教室へ。 


週に一度の発達支援教室だからこそ、無駄にしたくない大事な一日



そして、初めて、自分でシール帳を、自分のマークがあるウォールポケットまで入れにいけました!!
一年やりましたが、初です!!

朝の会でも、「イスを取りにおいで」で取りに行き、みんなで並んで座り(ずっとじゃなかったけど)、か~な~りの好スタート!

今日は交流保育で、近所の保育園(チビがいる・笑)までバスで行ったんだけど、
一緒に参加する…とまでは行かないけど、
「みんなが何をしているのか」ずっと見てたそうです。
そして、帰るよっていう切り替えもうまく行って、今日は完璧!なボンズ君。
乗れなかったトランポリンも、
「もいっかい!」
と、先生がドロドロになるまで要求して楽しんでました。

「勘違いじゃなく、本当に食べたくて弁当箱持ち出すかもしれません」
なんて、先生には報告しておいたんだけど、
もしかしてアンタ、朝抜いた方が絶好調?

てか、朝バナナダイエット状態?(^^;

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

たいママさん

うんうん、嬉しい嬉しい!
これってコッコの時には感じなかった喜びだよ。
こんな些細なことで~~~??って感じだよね(笑)
こんな小さなことでいちいち感動できるなんて、やっぱ自閉っ子はお得かも!(かもよ、かも。あくまでも・笑)

ボンズもそのうち、ハ~イって手を上げたりするようになるかなぁ・・・
まだそこまでは周囲に注意が行ってないから、道は険しい気もするけど、
本当にやってくれたら、ほんとむせび泣くかも(笑)

おぉ~!!!

ボンズくん、やったねe-343
些細な一つ一つでもできるようになってくると、こっちとしては嬉しいんだよね~!
分かるな~
思い出すなぁ~
たいが初めて療育の集団活動で名前呼ばれて手を挙げれただけでも、うるうるしてたもん(笑)
あの時は、一つ一つ全てにうるうるしてた(笑)

ボンズくん、周りへの興味関心がまざましいねe-420
さらに楽しみだな~e-454
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本