意外と遠い存在の養護学校

Category : 1年生
ボンズが養護学校に進学して、もうすぐ二学期も終わろうとしています。

先日の学芸会、陸上記録会と割と大き目な行事は終わりました。

どちらも小学校と比べて規模が小さくて、車で行けるわ(これはある意味当然なんだけど)、最前列パイプ椅子に座って鑑賞できるわ(狙ったけど)、あっという間に終わるわ(物足りなかったけど)、1クラス5人とか6人しかいないし、学年3クラスだからアットホームでおしゃべりに花が咲くし(我が子見落としそうなくらい)、先生たちも明るくフレンドリーだし、

いいんです。
とっても。

だけど、物足りないのです。

とにかく、行事がないと、学校にいけない!

講演会や勉強会、ボランティア募集などあれば、予定さえ合えば必ず参加しました。
草むしりと窓掃除など行けないものもありましたが、次回ぜひリベンジ。

でもね、行ってもボンズを見れるわけじゃないです。

小学部の方の教室でやるのはわかった上で、あえて、中学部の駐車場に車を停め、中学部玄関から入って渡り廊下を渡って…

とやると、まず中学部の玄関から入れないとか、入ったとしても「どうしたんですか?」感満載で、気軽に教室覗きに行ける感じじゃない。

もしかしたら、予定外に保護者がくると落ち着かなくなる子もいるのかもしれない。
だとしたら、そう言ってくれれば行かないんだけどね。
そっか、普段覗きに行ってはダメですか?って聞けばいいのか。

弟チビスケ所属の小学校も、今は気軽にいつでも見に来てくださいとは言わないんですけどね。

ボンズのいた時代はそんな感じで、実際に、姉ちゃんの時代にいた先生は、
「子どもたちは学校で頑張っているので、ぜひお母さんいつでも来てみてあげてください」
って言ってたらしい。

それはいい言葉!と思って、勝手にいつでも一人授業参観。

って、本当に意味なく行きづらかったので、ボラだの委員だのせっせとやりましたけどね。

養護学校は、それでもなんだか遠い場所です。

こないだ校外学習で、ボンズはバスに乗り、ボーリングをして、とんかつ食べて帰ってきたそうです。

…あ、そうか、そういう時に偶然よそおってボーリングしたり、とんかつ食べてればよかったのか!!

てな気持ち全開の学校アンケート書いたからですかね、ボンズの様子を電話で知らせてくれるようになりました(笑)

もちろんありがたいんですけど、見たいんだよねー、普段の様子を。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ライムさん

家でも、どころか、学校でもどこでもしゃべれないからね。
学校でフォローしなきゃいけないことない人なら、過保護なのかも。

いや、学校でのことやデイでの関係でフォローを考えるのが過保護というのなら、うちは一生過保護でいいや。

身辺自立、金銭感覚、家でできることは家でやるけど、家族以外の人間関係は家以外と連携とらないと全く把握できないから、うちはすべてに介入していきます!

いやいや、うちでも喋らないよ。
連絡帳でもわからない事だらけさ〜。

ならば、家でのフォローは何をするべきかって、どんな子でも生きていかなきゃならないんだもの、生活の基本をやるだけじゃないのかなあ〜。
学校の事がわからないからフォローのしようがないって、違うと思う。

なんか、ちょっと過保護になってないか?と思ったので書き込みました。
気を悪くしたらごめんなさいね。

ライムさん

そっかなー、これは親離れの話なのか?
お話しできるお子さんだったら、それも可。

だけど、うちのボンズみたいなの、先生が書いてくれるノートが唯一の命綱で、あとはみないと全く様子がわからんのは、家でもフォローのしようがないよ!

覗くだけでいいのよ、別にボンズの前に姿を現さなくていいの。

覗き窓とか作ってくれたらなぁ…(あやしい)

そうだよね〜。
学校でどんな事してるのか、どんな様子で授業受けているのか気になるのよね。
連絡帳には、余程の事がない限り詳しいこと書かれないし・・・。

でも、ある意味、「親の子離れ」の一歩なのかもよ。
やっぱり、中学は定型だろうがなんだろうが、大人になって行く時期だし、こう言う子だからと親が干渉し過ぎるのも自立の妨げになっちゃうしね。
だけど、気になる。様子が知りたい!
・・・・・・・・わかる・・・。
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本