自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

入学しました!  

とりあえず、「一段落したな」と思える瞬間がやってきて、ようやくPC開ける状態になってきました。

家にいないのもあるのですが、気持ち的なものが大きいですね。やっと落ち着きました。
それはやっぱりボンズの状態によるものが大きいです(もう一人もっとめんどくさいやついますけど…)


入学式の話



弟の小学校が始まり、姉の高校が始まり、ようやくボンズのスタートの日がやってきました!

間に土日挟んだりして、いつになったら自分が学校通えるんだよーーといういらだちがありました。

明日入学式だね~と言うと、本人無表情ですけど、ハハがホッとして満面の笑みだったかも(笑)

「ボンズ、あるく、いっといで(と言え)」

と、言ってましたけど、ちょっと無理です。学校まで3キロあり、数回しか行ったことがありません。

しかも入学式は、親と一緒に行って、一緒に帰ってきますから、ボンズの希望する「1人で登校したい、オレは中学生、どやっ!」という気分はまだまだお預けです。

入学式は、先生と列席。保護者は後ろで観てました。

小学1年生と中学一年生の入学式なので、すぐ隣に、お母さんと一緒に列席する小学生がいました。

いやー懐かしいですね、あのストリップをした小学校の入学式。
ボンズは体育館に入れないと思っていたら、入れました。
それはそれはサプライズでした。

ま、その後脱いじゃいましたけどね☆

この日も、堅苦しい式を嫌がったピカピカの一年生たちが、または見慣れぬ環境で落ち着かないようでした。

ボンズの小学校の入学式を思い出しつつ、そして今の落ち着きを感心して見ていました。

親がすぐそばにいるっていうのに、先生の指示に従って、立ったり座ったり移動したり。なんでもできるようになったんだね~~。

この日は夜はみんなで焼き肉を食べに行ってお祝いしました!


学校生活はどう?



入学式の翌日からもう午後まで授業があり、給食も始まりました。

その日、ハハが教育説明会と新入生説明会などがあり校内におりましたので、要所要所で教室を覗きに行けました!

教室から逃走しようとしたところ、音楽の時間のりのりで歌っているところ、給食を食べているところを見ることができました。

初めての場所、初めての人たちの間で、落ち着いて過ごしているなーと思いましたよ。

ずっと見てたら、

「ママ戻って」

って言われましたしね(笑)

その翌日は、クラスメイトに対して手を出す(ちょいって押す程度なのですが)がしつこくて、きつく怒ると、「ふてくされたようです」と言われて笑いました。

今までは怒られると泣いてたんですが、「ふてくされた」なんて、さすが思春期!

家でも、甘えん坊と「触んじゃねぇ」気分が交互に現れたりしているようなので、学校でも反抗期を出してるなんて、リラックス状態ってことでしょうか?

デイサービスも、一ヵ所、中学校になると場所とメンツの変わったところがあって、そちらも知ってるメンバーが多いとは言え、環境の変化はあったので、心配でした。

でも、学校生活の様子は、想像以上にダメージがないような気がします…ボンズの性格なんでしょうね。
親の方がよっぽど大変でした(笑)

スポンサーリンク


category: 1年生日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

別館まとめブログ

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク