自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

登下校問題と進学問題のあれこれ  


不登校、受験、卒業、合格発表のあれこれどうなった?



あれこれてんこもりだった1か月、気持ちがどん底に落ちたり、天まで昇ったり?ジェットコースターに乗ったかのようなくり返しでした。

結果として、上の子は2週間の不登校で、受験にも行きましたし、卒業式にも列席しました。
高校にも行けることになりました。

さくっと書くとこんな感じですが、それぞれ先の見えない状態は本当にきつかった!

お姉ちゃんが学校に行かない、送り迎えをする、
受験の心配をする、目がお姉ちゃんに向きっぱなし。
合格発表で一喜一憂する、家の中のムードが急展開する、お祝いだったり、険悪ムードだったり、ハハと姉だけ出かけていたり、スマホを持つようになったり。

多分ボンズは、ある程度は理解しているんでしょうが、気に入らない日々だったんでしょうね。


登下校中、トラブル続出で、ハハの付き添い再開させました



そんな日々だったからなのか、登校中、下級生の頭をたたいていたとか、雪の投げ合いをしていたとか、下校中に同学年とつかみ合っていたとか、1人で歩かせるとトラブルの目撃証言が3回続いたので、姉ちゃんほったらかしでボンズの登校に付き添うことにしました。

ホントなら、一回でもあったらついて行かないといけないんでしょうが、
ハハの心のキャパがいっぱいだったんです。

やはり、一人登校できる自負のあるボンズとしては、最初は嫌がりました。
その気持ち、尊重したい気持ちもありますが、もう限界超えてましたので、知らんぷりしてついて行くと、だんだんとそれを快しとするように?

手をつないで登校するようになりました(笑)
って、これもどうなの??と思いますけどね。

誰かをたたいたとかいうのも、どうもその場その場で違う理由があるらしく、
その都度学校の先生が取り組んでくれたので、深い大きな問題として引きずることはありませんでした。

ハハが迎えに行く途中で「あっちでボンズくん、5年生に抑えられてお腹殴られてるよ」なんて報告があったり…。

それは、ちょっと誤解があって、その子の言うようなこととはちょっと違ったんですが、(それでも聞いた瞬間はギョッとしましたけどね!)

何かを見たり、聞いたりした子たちが、次々に見たこと、あったことを教えてくれるようになったのはありがたかったです。

ただ、数十人(20人くらい)に囲まれて、一斉に話された時は、「無理!」だったので、

「それぞれ学校で先生に話してくれる?そしたらおばさんにも伝わるから~」

と、お願いしました。

「支援級の先生?」

「自分の担任の先生でも大丈夫だよ~」

そんなやり取りが何度かあったので、先生への目撃証言が集まりやすくなったと、先生からも言われました。

ボンズ、発語はずいぶんあるようになってきましたが、状況説明はとてもハードルが高いです。

自分の気持ちを誰かに伝えられるって、大事なことだよなーと、こういう時いつも思います。

とりあえず、登下校は常に付き添うようにしました。
トラブルのすべてが誤解ではないと思ったので。。。


スポンサーリンク


自閉っ子も大人になる、男の子への階段を上りはじめている



お風呂と寝る時、1人でできないことが心配の種でしたが、5年生になり、お風呂は1人で入れるようになりました。

それどころか、今では1人で入りたがるくらいで、シャンプーやボディソープの使いすぎがおさまらないので、チチが一緒に入ろうとしたら、拒否します(笑)

ここ数日、急におもらしをするようになりました。

学校やデイサービスに報告すると、そちらでは時間を見て自分で行っているようなので心配はないという答えで、自宅限定でした。

その頃、姉ちゃんの高校がどうとか、入学準備が間に合うか?など、また姉ちゃんの話題で家の中の空気が一変するような時期だったので、家が不安定だからかなーとも思いますが…。

夜、チチが来るのを待っている間に1人で眠ってしまったことがあったり、

朝早くに1人で起きてテレビを観ている時に、チチが降りてくると「パパ、いってらっしゃいして」(仕事に行け?)とか、ハハが降りてくると、「ママ、寝てて」と追い払うように。

「1人の時間を楽しんでるんだから、邪魔するなってこと?」

ハハ二度寝できるのなら大歓迎ですが、学校に行っている間はそうも行きません。

「ママ寝ません」
というと、自分が2階の自室へと上がりました。

うんにゅーーーっとママチャージをしなくなって久しい?
1人になりたい?

う~ん、自閉っ子も成長しますってこういうことなんだよねぇ。。
じゃあおもらしは??

もしかしたら、男の子特有の変化を感じているのか、それでなのかなぁとも思ったのです。
(ハハには想像すらできないことですが)

卒業式練習、6年生の卒業、そして終業式。

イベント好きのボンズがこれらをストレスに思うことは少ないはず。

だとしたら、ボンズ個人の問題なのかなーと思ったところです。
なんかドキドキしますねぇ、、、未知のことすぎて。



スポンサーリンク


category: 11才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント